HOME

新着情報

縦書き小説と日本語の関係

 もともと中国から渡ってきた日本語の元になる文字が縦書きだったため、日本語は縦書きが一般的になりましたが、今や、その中国も国際化によりウェブに限らず横書きが主流になりつつあります。
 韓国や中国では横書きを取り入れ、言語を簡略化し、読みやすく使いやすく進化させているのに対して日本語はまだまだその気配すらなく逆に古く難しい漢字に新しく意味を持たせたり、ますます難解になってきています。
 縦書きが日本語にとって書きやすいのは草書体を使う際だけで、今では縦書きと横書きに大きな違いを見出すほうが難しいのですが、子供の頃から慣れ親しんだ国語の教科書に始まり、日本人にとって小説などは縦書きで読んだほうが読みやすく馴染みがあるのではないでしょうか。
 一方、書籍は電子化が進み、小説もウェブで購読することが増えてきています。電子書籍のほうが一度に沢山の本を持ち運べ、情報の取り出しも容易く便利です。ただウェブなどで電子書籍を読む際、購入した小説が横書きだった時、日本人としてがっかりする気持ちがあるのも確かです。漢字や言語を簡略化しないのも縦書きを使用するのも日本人の「わび・さび」といった、こだわりが関係しているのでしょう。
 電子化する小説にまで趣きをもとめる日本人の心をいつまでも大切にしたいものです。

http://sample.sdbx.jp/novel_bottyan/